サラリーマンにとって居酒屋は仲間と食事をし、お酒を酌み交わすのに無くてはならない存在です。ベビー服

勤務先が都会であった頃は、居酒屋と言えば全国チェーンの色々なお店を利用していました。育毛

比較的リーズナブルで、席数も多く、どうしてもこうした店が中心になっていました。酵素ドリンク

ところが、転勤で日本海側の街で単身生活をした時、居酒屋のイメージが一新しました。美容

もちろん、この地方都市にも全国展開の居酒屋チェーン店もあるのですが、都会に比べれば少なく、その分個人経営の居酒屋さんの比率が高かったのです。

日本海側の地方都市で、新鮮な魚介類に恵まれているのに、画一的なチェーン店の料理を食べるよりは、飛び切り新鮮な魚介類を提供する地元の居酒屋さんに行かぬ手はないと、色々なお店を訪ねました。

個人経営の居酒屋さんには、バラツキが多く、これならチェーン店の方がリーズナブルなだけましだと言うお店も結構ありました。

しかし地元の知る人ぞ知る隠れ家的な小さな居酒屋を見つけてからは、そこに通い続けました。

単身赴任なので、夕食をそこで食べる事もしばしばでした。

新鮮な魚介類を安く食べられ、しかもカウンター席でお店の大将と軽口など叩きながらの飲み食いは、日本人で良かったとまで感じさせてくれました。

居酒屋チェーン店も良いですが、こうした飛び切りお気に入りの小さな居酒屋さんを探索するのも楽しいものですネ。