実際にノートパソコンの画面の前に座り、つねに上がったり下がったりしている為替レートを目を向けていると理由無く売買をしなければいけないという思いが生じる事も少なくないだろう。債務整理のポイントは弁護士

だけど、はっきりしない勘でトレードすることは間違ってもしてはいけません確かに、相場は1日中常にどこかの外国為替市場が関いているしマーケットもいかなる時でも変化しています。

だからといって、考え無しにエントリーを積み重ねるとその分だけ損失が生じるリスクが高くなってしまいます。

無論、取引の回数を経験することによって、儲けられる可能性が五分五分になるのは事実です。

でもこの事実は「なんとなく勘でトレード」してしまうこととは別問題です。

エントリー回数を増やすとは、自ら「ここだ!」と直感した自信を持ったケースでの取引回数を積み重ねるという意味である。

理由がなく、ひっきりなしに売買を積むのとははっきりと違う。

相場の勝負に立ち向かうためには白分で考えてけじめをつけることが重要です。

「ここはいける」と思えたマーケットの時には、思い切って所有ポジションを積み増して思い切り儲けを追求する。

「少し難解な相場でどう推移するのか読めないな」と感じたならば執着しないで売買ポジションをひとつ残らず諦めて何もせず静観します。

それぐらいのけじめがあったほうが、最後には売り買いは勝てます。

外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

本当に言葉どおりだと感じます。

相場とは常に売買ポジションを持っていることが肝心な事ではなく、どの売買ポジションも保有せず待っている事も時には相場です。

それでは、どの場面で休みどきなのでしょうか。

第1に言われるのが前に述べたように、直近の為替相場が曖昧で分からない時です。

これから上がるのか下がるのか決断できない時は、何も考えず行動すると、あなたの思い描いた脚本とは違った方向にマーケットが向ってしまい損をする事になります。

このような時はポジションを無くしてそのまま様子を見ているのがいいでしょう。

次に、あなたの体の状態が悪いときです。

体の調子と外国為替相場に関係しないと感じる方もいると思いますが現実には意外とつながりがあります。

体の具合がよくなければ、為替相場の判断しなければいけない局面で落ち着いた決断を下すことが出来ない場合があります。

関心がわかない時はFXから遠ざかる事も肝心な事です。